2018年04月26日

プログラムと友達になるコツ【IchigoJamレッスン@】

プログラム原型-01.jpg

はじめてプログラムを見る人は思わず「ウッ」となるかもしれません。
一見堅苦しいプログラム君と友達になるコツを、僕なりに書いていこうと思います。

結論からいうと
コロン-01.jpg

「:(コロン)に注目する」です。
順を追ってみていきましょう。

@プログラムって?(BASICの場合)
プログラム-01.jpg

パソコンにやってほしい<順番>とやってほしい<内容>の2つでできています。
やってほしいことを順番に伝えているだけなので、ひとに何か作業をお願いするときと同じですね。
ーーーーーーー
例)飲食店の店員さんプログラム
(1)注文をとる(2)シェフに伝える(3)料理を出す(4)会計
ーーーーーーー

Aコロンの役割
コロン役割-01.jpg
やってほしいことを細かく区切って<できること>にして伝えないとパソコンは混乱してしまいます。
IchigoJamが<できること>をコマンドといいます。
基本的にコマンドとコマンドの間は「:(コロン)」で区切って伝えます。

ーーーーーーー
『注文をとれ』という命令の中身が
「注文を聞く」+「メモする」+「よみあげて確認する」まで含まれているとしたら、どうでしょう?
初めてはたらく人は「ちゃんと言ってくれないと分かんないよ!」となるかもしれません。

BASICでは
(1)注文を聞く:メモする:確認する(2)シェフに口でつたえる:注文のメモを残す(3)‥‥
と、やってほしいことをコロンで細かく区切ってつたえてあげます。
ーーーーーーー

でははじめのプログラムにもどります。
コロンに注目するとどう見えるでしょう。
プログラム原型-01.jpg
プログラム簡易化-01.jpg
単なる行番号とコマンドの集まりということが分かります。
行番号の小さい順に、コマンドは左から順にやってくれます。

コロンに注目すると、どこまでがコマンドなのか分かるので
意味も簡単に調べることができます。
英語が単語と単語をスペースで区切っているのと同じですね。

コロンでIchigoJamに優しくお願いしよう!!
ぱと2にん.jpg
その前に友達(パソコン)をつくろう!!
5月5日(土)にIchigoJam体験会(はんだ付け&プログラミング)を開催します。
自分のIchigoJamをつくってプログラミングをはじめよう!

自然な告知☆しょーいち
posted by hanadojo at 01:22| Comment(0) | プログラミング

2018年04月09日

はじめてのはんばい!ジャンクREメイクショップ in誠市

4/8は今年初の誠市!!
先日のジャンクREメイクショップで創作したオリジナル電脳メガネの販売にチャレンジ。
集合写真.jpg

雨が降るなか7人の社長(子ども)たちが集合。
売り上げは自分のものになるので、みんな真剣。
めかね物.jpgめかね.jpg
商品名/値段/メイカー名
を自分で設定。謳い文句も考えます。
メカでつくったメガネだから《メカネ》
ワンコインで買いやすい値段に設定したそう。
売買の瞬間.jpgめかね試着.jpg
デジカメのアームを再利用し折りたたみ画面のついた《メカネ》が1番に売れました!
販売スペースが狭いので売る順番は挙手制だったのですが、一番に手をあげた子が一番乗り。
積極性が大切ですね。
せっきゃく.jpg試着なおみさん.jpg
自分の商品を必死にPR!
おとなしそうに見えて、みんなガンガン営業。
最初は高めの2000円で設定していた子も、交渉がつづき500円で販売を決意。
10分くらい悩んで、お客さんの元へ走っていきました笑
市長集合.jpg

めがねのまちさばえの市長、牧野市長もご来店。
づくし紹介.jpg

ウェアラブル電脳メガネを市長に紹介
自分のプロダクトが市長にも届くのが誠市。
おしくらまんじゅう.jpg
最低気温5度での過酷な販売体験。
家族関係なくみんなで、暖をとります。
たいせい取材.jpg
丹南ケーブルテレビの取材を受けるメイカーHOSHINOの社長。
Hana道場のブログでもこの写真を使うようにと指示を受けました笑
れっつばらばら.jpgしゅういちろう.jpg
販売が身近になると、創作しているときも自然と価格やターゲットを意識するようになります。
Hana道場では3Dプリンター、レーザーカッターの未成年使用は無料です。

試作品やプロダクトつくり放題。
販売を通して、ものづくりやプログラミングが楽しくなるといいですね。
誠市.jpg

誠市関係者の皆様、出店させていただきありがとうございました。
非常に貴重な体験をしてもらうことができました。

場を提供してくれる方々に感謝しながら、成長していきましょう。

Hanaスタッフ☆しょーいち
posted by hanadojo at 14:22| Comment(0) | 日記

2018年04月01日

バラバラにしてつくって販売!?ジャンクREメイクショップ

HARD・OFFさんとのコラボ企画『ジャンクREメイクショップ』
今回(4/1)で2回目の開催!
ふくのさん正面.jpgふくのさん別角度.jpg
IchigoJamの生みの親でHARD・OFFのコアユーザーでもある福野さんが先生です。
何かをつくるときは、分解して組み合わせるのが基本だそうです。
そして今回はつくったものを4/8の誠市にて販売します!
創作のテーマは「電脳メガネ」

いとこさん説明.jpg
HARD・OFFさんからジャンク品についてのご説明。
ご提供ありがとうございます。
れっつばらばら.jpg
レッツバラバラ!
ラインナップ.jpg
ゲーム機、カメラ、ラジカセなど宝の山です。
ほしの親子.jpg
親子で参加。
昔のゲームは親世代も盛り上がります。
おれなおき.jpg
分解は意外と力が必要なので一人では難しそう。
大人がフォローしながらネジを回していきます。
しゅういちろう.jpg
ラジコンからモーターを取り出し、はんだ付けをする子も。
メガネにファンをとりつけ、夏でも快適「扇風めがね」をつくるそう。
はんだごてやホットボンドを駆使しながら、めがねに装飾を加えていきます。
なおき.jpg
ゲームボーイのカセットをメガネに。
「メガネボーイ」1500円
簡単電脳メガネ
たかし.jpg
PS2の画面まるごとレンズに。
「PS2メガネ」500円
ゲームのキャラクター視点のメガネ!?
888めがね.jpg

「8888メガネ」400円
LEDでチカチカさせると綺麗そう!
888円でもいいかも?笑


自分たちで値段と名前を設定。
4/8の誠市で販売します!
骨董品の立ち並ぶなか、子どもたちの電脳メガネが!
誠市.jpg
本部の近くなので、ぜひ遊びにきてくださいね。

Hanaスタッフ★しょーいち
posted by hanadojo at 19:44| Comment(0) | 日記