2016年09月22日

プランコンテストとHana道場 ♯おーぷんいのべーしょん編♯

鯖江市地域活性化プランコンテストでは「参加学生をサポートする地元学生」をサポートする”サポーターリーダー”として働いていたしょーいちです。一見コミュ力(コミュニケーション能力)高そうな役職名ですが、間接的に参加者をサポートするという意味ではコミュ障な僕に向いている役職でした。

14238169_1571011979872059_2196321101946771172_n.jpg
14333605_1571011939872063_178437767603216966_n.jpg
(図1 参加者 来Hana)

Hana道場が出来てから初のプランコンテスト。”ITの街 鯖江”をキーワードに 
@ITを手段に他分野を活性化 (IT×スポーツ)
AIT(教育)そのものの問題解決 (Hyper Hana道場)

といったプランが最終的に提案されました。
例年よりITを絡めてプランニングするチームが多く、IT関係者へヒアリングする場面が多数ありました。

14291869_1572456116394312_6912559138972963780_n.jpg
(図2 MASAHARU先生も合宿所まで足を運んでくださいました)
チーム にがうり_5342.jpg
(図3 1日目交流会)

2日目の中間報告会はHana道場で行われました。
商店街でお店を構える方、鯖江市行政の方、眼鏡協会の方など鯖江の”現場”で活躍されている方々をお招きし、参加者との意見交換の場にしました。

14322357_1117456604997658_8943773028523457219_n.jpg
14364657_1117456434997675_6139868211920034695_n.jpg
14368868_1117456188331033_1511991487944798959_n.jpg
(図4 共創的瞬間)

<スタッフしょーいち>
Hana道場は「Open Innovation 道場」=共創の場として、多様性の受け皿をめざしております。

<ただのしょーいち>
「IT教育を受けること」が目的になるとそんなの学校と同じ。同じ目的の人しか集まらない。
「ITを使って何かできるかも」とわくわくする場所で勉強することが大切だし楽しいなって思いました。


♯おーぷんいのべーしょん編♯
おわり
posted by hanadojo at 20:38| Comment(0) | 日記