2016年10月31日

Spheroってすごいやつ!!


こんばんは!
ついに体重が65kgを突破したHana道場のおっくんです。(今年4月60kg)
気のせいだと思ってましたが、最近よく“おっくんお腹ですぎじゃない?”って言われます。
残り2ヶ月の今年の目標はお腹を引き締めることにします。。。

さて、そんなこんなで昨日は絶好の運動日和でしたね!
こんな秋晴れの時にはプログラミングしたらサイコーなんだろうな〜o(`ω´ )o

ということで、昨日はこんなイベントを行いました!!

Spheroバナー.jpg

そう!SNSでは前々から告知していました【Hana道場 プログラミングセッション】
Spheroの詳しいことについては先日のHanaブログボール型ロボットSpheroって知ってますか??を見てみてください!

今回のこのイベント、なんとHana道場の冠スポンサーSAPジャパンさんが運営のお手伝いとして10名も来てくださいました!

午前中に、SAPさんのてきぱきとした会場設営で準備完了!!
Cv-5UC1VMAAkwYe.jpg

そして参加者もそろい、プログラミングセッション開始(≧∇≦)

最初は講師の方からのプログラミングのお話がちょろっとあったんですが
子供達、もう早くSpheroを動かしたくてうずうずしていました笑
DSC00788.jpg

いざ始まるとみんな食い入るように色々な操作を試していました。
DSC00798.jpgDSC00840.jpg

動かし方は、どれぐらいのスピードで何秒走らせるのかという基礎的なものから
変数を使って不規則な動きをさせたりなど様々なコマンドを組み合わせ、プログラムさせていきました。

みんな飲み込みがとにかく早い笑
SAPさんがいくつか課題を用意してくれていたんですが、最初の1つをやっちゃうと
あとは応用に応用を重ねてどんどん先のこと自分たちでやっちゃう笑

DSC00841.jpg

進む角度や何秒走るかを計算し、コースを外れたり失敗したら修正をする。
自分たちだけでしっかりとPDCAサイクルを回していることに本当に驚かされました。。。

そして、うまくコースを通り抜けることができた時はみんな歓声と笑顔で溢れていました!
DSC00853.jpg

プログラミングってよく手に職をつけるためとか、2020年に義務教育化されるからやらせたほうがいい。
って言われがちですが、“自分で考える”ということをしっかりと自分で体験出来る素晴らしい教材だと思います。

なんて最後はちょっと真面目になってしいましたが、今回もHana道場のプログラミングWSはとても楽しかったです!
次はなにやろうかな〜

次回のWSもお楽しみに!!
ではでは!
posted by hanadojo at 16:49| Comment(0) | ワークショップ

Let's ファミコン Tonight?

今回もゆとり代表のしょーいちが、ファミコンで無邪気に遊ぶ大人たちをリポートしていこうと思います。

ふぁみふぁみ.jpg
(図1 輝く思い出たち)

まずは、試運転の様子。
竹部さんと高校生プログラマー三崎くんが「バルーンファイト」をプレイ風船風船

「私の風船割らないでね!」と圧をかける竹部さん。

しかし

S__8028183.jpg
(図2 慎重に竹部さんの風船を割ってしまった三崎くん)

2人協力プレイのはずが、お互いのバルーンを割ってしまいかねないこのゲーム。
うっかりパートナーの風船を割ってしまうと、バルーンファイトからリアルファイトに発展してしまうとか。
「マラソン大会一緒に走ろうね♪」と言ってるやつに限って、いざ始まると置いてけぼりにしていくアレと似てますね。

ファミコンバナー.jpg

2回目となる「ファミコン☆ナイト」は8名参加されました。
一時期Hana道場でスタッフをしていた”天ちゃん”こと天谷さんも来て大盛り上がり。
中でも盛り上がったのは、二人でできるツインビーではなく、くにおくんでもなく

S__8028176.jpg
(図3 おもむろに一人でドラクエを始めた天ちゃん)

ドラクエでした。

8人もいるのにドラクエを始めた天ちゃんを最初は心配しましたが、メタルスライムの登場や懐かしい音楽に会場が盛り上がっていきました。

しかし、攻略法を忘れ困りはてる天ちゃん。
もう無理かと思われた時



「ちょっと待ちなさい」



S__8028177.jpg
(図4 解析班の登場)


「城に入って右奥にある道をまっすぐ進むのです」


30年前のゲームを、自分らの記憶より現代のテクノロジーを駆使して解決する大人たち。
この人ら本気やん。
そしてバラモス?を倒したみたいです。(ラスボスと気づかず写真撮り忘れました)
とりあえず会場は、興奮とノスタルジーに包まれていました。

S__8110095.jpg
(図5 ゲームをつくる高校生(左)とゲームで遊ぶ大人(右))

今回はjig.jpやナチュラルスタイルに勤めている方々が参加されていました。
プログラマーのはじめの一歩は、ファミコンでの「楽しい」という体験からなんですね。名刺交換も始まり、福井のプログラマーの交流会のようになっていました。


今やプロゲーマー、ゲーム実況者(ユーチューバー)、そしてプログラマーで稼いでいる人は少なくありません。
ゲームの大会で賞金1億円のものもあるそうです。

S__8028192.jpg
(図6 野球の倍のプレイヤー数を誇るゲームがあるらしい)

親御さんは、ゲームを否定するのではなくて、ゲーム画面から世界を広げてあげましょう。
Hana道場では、いつでもゲームをつくれますよ♪

おわり
posted by hanadojo at 15:47| Comment(0) | 日記

2016年10月25日

こどもIoTハッカソン in 東京!!

こんにちわ!
先日、パーマをかけて、予想以上に髪の毛がクルックルになったHana道場のおっくんです。

今日のブログは、先日行われたHana道場の初主張イベントのブログです!
それがこちら!!

こどもIoTハッカソンロゴ試作2.jpg

かねがねから告知していた、こどもIoTハッカソン!!
HPはこちら↑↑

そして、その会場がこちら!

DSC00593.jpg

Yahoo! JAPANさん新オフィスのコワーキングスペース!
その名もLODGEo(`ω´ )o
写真の通り、超おしゃれ!そして、なんでもLODGEでのイベントはこれが初だとか!

午前中はSAPジャパンさんのデザインシンキングがあり
テーマの“モーターやセンサーを使ってお母さんを助ける”について
お母さんはどんな人?とかお母さんが困ってることは?などを書き出していきました。

DSC00603.jpg
DSC00622.jpg
一緒に来ていたお父さんもなぜか参加していました笑

午後からは我らが福野さんを講師に迎え、IchigoJamでデータ作成!

ほとんどがプログラミング初心者の子たちばかりでしたが
こどもたちって本当に頭が柔らかいですよね。午前中に出したアイディアに向けて
どんどんプログラミングしていきました。

DSC00699.jpg

そして完成!!
一人ずつ発表していきましたが、これがまた面白い!
お母さんが嫌いな蜘蛛の巣をモーターを使って取る装置や、買い物で両手がふさがったお母さんが家に帰ってきた時に電気やドアが完治するセンサーだったり…

そして何と言っても、スポンサーの伊藤園さんが頂いたお茶のペトボトルまで活用しちゃったり!

DSC00747.jpg

もらったお茶は飲むもの”という、大人の考えでは絶対でない発想ですよね。。。

色々と課題はありましたが、それ以上に子供たちの成長を見ることができ、子供たちから学ぶことが多いイベントだったかなと思います。

11月には福島で、1月には仙台でもこどもIoTハッカソンを行うことが決定しており
この話がどんどん広がっていくことが本当に楽しみです!!
DSC00771.jpg

それでは今回はこの辺で!!
posted by hanadojo at 13:58| Comment(0) | 日記