2019年06月30日

誰かのためなら頑張れる!【大人のためのプログラミング入門講座 IchigoJam検定合格をめざして】

本日6/30にIchigoJam検定を開催しました!
Hana道場の会場では15人の大人と子どもが挑戦!
検定3.jpg検定2.jpg
(検定の様子)

5月からの連続講座『第2回大人のためのプログラミング入門講座』
4回の講座+IchigoJam検定受験が1セットになっています。
おとな講座.jpg
(大人講座の様子)

今年1月の『第1回大人のためのプログラミング入門講座』に引き続き、第2回目も敦賀や大野など、遠方から13名が参加してくださいました。第1回の参加者の合格者の中から、6名のIchigoJamプログラミングサポーターが誕生しました!
今年5月から鯖江の小学校のクラブサポートに行ってもらっています。
クラブ1.jpg
(小学校でのプログラミングクラブの様子)

第1回では10級、9級をめざしましたが、第2回では8級と7級に挑戦!


<講座の目安>
9級コース:プログラム、命令、数の扱い方を理解し、こどものサポートができる
8級コース︎:変数、関数を理解し、簡単なアニメーションがつくれる
7級コース:︎IF文、文字コードを理解し、簡単なゲームがつくれる
6級コース:︎FOR文、配列を理解し、中級レベルのゲームがつくれる

<講座全体の目標>
@つくれるようになる(感覚的理解)
A伝えられるようになる(言語的理解)

@プログラミングはなにかをつくるための手段なので、つくりながら学んでいきます。
A誰かに伝えるには、感覚的な理解だけでは足りません。言葉でしっかり理解することで、エラーの原因をみつけて伝えることができます。IchigoJam検定は言語確認として利用しています。

ひさかさん.jpg
(Hana道場でのサポート体験の様子)

Aが重要なポイントだと思っています。
プログラミングに関わらずスキル習得で挫折するのは「自分のためだけに頑張れない」からだと思っています。
@は「自分のため」ですが、Aは「誰かのため」です。

プログラミングというスキル習得の先に、誰か(こども)が笑顔があれば嬉しいですよね。
(僕も自分のためには頑張れないタイプなので)

いっしょに.jpg
(こどもとプログラミングをしている様子)

講座 → 検定(ゴール1)→ ︎指導(ゴール2)

モチベーション維持の方法は、子どもと大人で少し違うようです。
 子ども「自分が楽しい」
 大 人︎「自分も楽しい」
「楽しい」が絶対条件ではありますが、大人はその先が必要かもしれません。

新聞.jpg
(福井新聞の記事)

日本全国でプログラミング指導者不足が叫ばれていますが、「こどもに何か教えたい」という人はたくさんいると思います。
IchigoJamはこども用ですし、大人ならより理解がしやすいです。
(ぼくもIchigoJamでプログラミングをはじめました)


大人も子どもも一緒に学んで、2020年プログラミング必修化に備えましょう!

ーーーーー
また9月のIchigoJam検定に向けて、連続講座を開催する予定です!
プログラミングを始めたい方、教えたい方ぜひ参加してください!

Hana道場【師範】
しょういち
posted by hanadojo at 15:30| Comment(0) | 日記

2019年06月11日

IchigoJam用の外部メモリ発売開始!!【Hana道場ロゴ入り】

IchigoJamは4コまでプログラムを保存しておくことができます(4キロバイト)

4コだけでは足りないという方に朗報!!
64コまで保存可能な外部メモリ(64キロバイト)を販売開始しました。
※ファイル100番〜163番に保存できます

ハンダ付けする組み立て式で、税込700円!

完成系.jpg
<完成状態>

バラバラ.jpg
<組み立て前>

0.jpg
<IchigoJamに接続した状態>


たいせい.jpg
早速Hana道場に通うT君がハンダづけし、Myメモリげっと!
部品も少ないので、10分ほどで終わります。

今回は、組み立て方や使い方を紹介していきます!

ーーーーーー
<ハンダ付け編>

2.jpg
<内容>
(1)メモリ(2)スイッチ(3)ピンヘッダ(L型、5P)(4)抵抗4本(10KΩ)(5)基盤


@(3)ピンヘッダと(4)抵抗4本をハンダ付け
※抵抗の向きはどちらでも大丈夫です
3.jpg


A抵抗の切れ端1本をとっておく
4.jpg

B抵抗の切れ端を、赤丸の2つの穴にさし、ハンダ付け
3.jpg
5.jpg

C(2)スイッチをハンダ付け
※onが基盤上側にくるように
6.jpg

D(1)メモリをハンダ付け
※半円の切れ込みが入っている方を右側に
7.jpg



Eスイッチ1と2をどちらもONにすれば完成!(読み書き可能)
スイッチ1→LOCK にすると読み込み(LOAD)可能、書き込み(SAVE)不可になります。
  (友達に貸すときに便利!間違ってSAVEされない。)
スイッチ2→OFF  にすると読み込み、書き込みどちらも不可能になります。
on.jpg


ーーーーーーー
<使い方編>

スイッチ1,2がONになっていることを確認し、下の写真のように差し込む。
※GNDと5Vの向きを間違えると、ショートして壊れます!!!
0.jpg


ファイルは100番〜163番に保存可能です。(合計64コ)
試しにエルチカプログラムをファイル100番に保存します。
8.jpg


FILESコマンドで、プログラム一覧を表示できます。
例えば「FILES100,120」で100番〜120番まで表示できます。
9.jpg

ファイル100番にプログラムが保存されているのがわかりますね!!
プログラムの名前を決める方法もご紹介
10.jpg
’ ←シングルクォートから始めると、コメントが残せます。
プログラムの1行目にコメント機能で名前を付けておくとわかりやすくなります。
12.jpg
これで保存したプログラムが増えていっても区別できますね!

最後に
スイッチが正しく機能するかチェックしてみましょう!
スイッチ1をLOCKの方向にスライドさせます。
(LOAD可能、SAVE不可能)
lock.jpg


LOCKをかけた状態で101番にSAVEしてみます。
13.jpg

おや?LOCKをかけたはずなのに、「Saved 52byte」と「OK」と返事がきました。
プログラム一覧を表示してみましょう。
12.jpg
やはり、LOCKをかけているのでファイル101番にはSAVEされていませんね!

IchigoJamのバージョン1.3までは、SAVEされていなくても「OK」と返事がきてしまうそうです。
バージョン1.4では、修正されるそうなので、ご注意ください!
LOCKをかけたままだとSAVEはできません。

ーーーーーーーー

いかがでしょうか?
4KBでやりくりしている子も多くいるようなので、これを機に購入してみてください!

Hana道場【師範】
しょういち
posted by hanadojo at 13:15| Comment(0) | 日記

2019年06月09日

学生vs社会人のビジネス戦略!体感型ビジネスゲーム【ERPsimセッション】

2019.6.8 福井県鯖江市
『ERPsimセッション』〜もしも最先端システムでビジネスゲームをできるとしたら〜
nomunomu.jpg

第5回目となる『ERPsimセッション』は40名の学生たちが参加しました!
会場は鯖江公民館3F大ホール。

SAP説明.jpg

<ERPsimセッション>とは
 (企業の資源(ヒト・モノ・カネ)を管理するシステム)
をゲームで体験する会のことです。


SAP.jpg

世界中の企業がこのシステムを活用して、経営をしているわけですね!

 SAPは、1972 年に設立され、ドイツのワルドルフに本社を置く、世界最大のビジネスソフトウェア企業です。世界各国に42.5万社のお客様、従業員は約96,000人のグローバル企業です。世界のチョコレート生産量の65%(年間 220万トン)、世界のビール生産量の75%(年間1,500リットル)、毎日400万トンの化学製品製造、毎日95,000台の自動車製造等、世界のビジネスを支援しています。SAP は技術面および経営面でのノウハウを生かして、世界をより良い場所にしたいと情熱を燃やしています。

<ベストグローバルブランドランキング>
2018年度 SAPは21位

チーム編成.jpg
4人1チームで、1つの企業を経営します。
全チームが清涼飲料水の卸売業で利益を競います。

まずはじめに、役割を決めます。
 CEO右向き三角1︎戦略決定、指示出し
 営業右向き三角1︎価格設定
 財務右向き三角1︎在庫管理、自社分析
 マーケティング右向き三角1︎広告費用の設定
柔道部.jpg

Hana道場に通う高校生、柔道部プログラマーチーム!
今回最年少!

金沢チーム.jpg
金沢大学からも参加!

D.jpg
チームに1人、サポーターがつきます。
学生団体withのメンバーも、サポーターとして活躍!

画面.jpg
自社分析としては、「在庫トレンド(自社商品の売れ筋グラフ)」や「地理空間分析(地域別の自社製品売れ行きのグラフ)」が便利。

他社分析としては、「競合分析(他社の売れ筋やマーケティング費用のグラフ)」や「市場価格(全チームの平均価格のグラフ)が便利。

しょうま.jpg
1日が1分で過ぎる世界で、自社分析&他社分析を行いながら
商品価格とマーケティング費用を決定していきます。

情報を処理しながら、瞬時にチームの意思決定をしていく。
とても脳みそに汗をかきます笑
3時間があっという間だと、参加した学生が言っていました。

優勝者.jpg
優勝は追い上げに成功した社会人チーム!
常に1位のチームの分析を行い、1位潰しに見事成功!
大人の力を見せつけました笑

りゅうま2位.jpg
惜しくも2位になってしまった大学生チーム。
粗利率(売上高 - 原価高)、利益率(粗利 - 販促コスト)ともに高く、
終盤まで1位をキープしていましたが、最後の最後に追い抜かれてしまいました。

でも大健闘!

集合写真.jpg
毎回SAPジャパンのボランティアスタッフの方が、東京から来て頂いています。
本当にありがとうございます。

福井の若者に様々な機会を!
これからも共に機会を創っていきます。

SAP×Hana道場×学生団体with
ーーーーー
Hana道場 【師範】
しょういち

posted by hanadojo at 15:18| Comment(0) | 日記