2021年03月30日

パソコンも自分でつくる!春休み企画「IchigoJamはんだづけ&プログラミング体験会」

花見(さくら)春休みということで、自分ではんだづけしてパソコン(IchigoJam)を組み立てて、そのままプログラミングを始めることができるイベントを開催しましたキャラクター(万歳)
2021.3.27(sun)
DSC01177.JPG

1年生から5年生まで、5人が参加しました!
みんなはんだづけは初めて。
DSC01141.JPG
まずは、はんだごての持ち方から。
何事も基礎が大事です。

DSC01186.JPG
1年生の子もお父さんと一緒にはんだづけ!
初めは緊張感があり、恐る恐るやっていましたが、どんどん上達していきます。
DSC01210.JPG
途中からは、説明書を見ながら自力でやっていきます。
半田が隣とくっつく(ブリッジ)してはいけません。
失敗しても何度もやり直せばOK!
IMG_6809.JPG
中学生の時にIchigoJamでプログラミングを始め、現在はプログラマーとして働いている三アくんがサポートに!
偉大なIchigoJamの先輩。
今度は育成側に回ってくれています。

IMG_6780.JPG
こちらも中学生の時にIchigoJamでプログラミングを始め、現在、福井高専で大活躍中の佐野くんもサポート!

ITの担い手が地域で育つと、持続可能なプログラミング教育につながります。

DSC01207.JPG
1時間ほどでIchigoJamが完成したら、早速プログラミング開始!
IchigoJamは脳みそ(CPU)しかないので、モニターとキーボードを接続することでパソコンとして使用できます。

キーボードでIchigoJamとコミュニケーション!
成功すると「OK」、失敗すると「Syntax eeror」と返事が来ます。

DSC01194.JPG

1発で成功できなかったら、原因を探してはんだづけし直し!
失敗することで、新たな学びがあります。


DSC01228.JPG
面白いゲームを作った子の場所に、みんなが集まってきます^^
作ったものをみんなにシェアすると、モチベーションも湧いてきますね。
IMG_6794.JPG
低学年の子はお父さんやお母さんと一緒に。
多世代の人たちがもくもくとつくるクリエイティブな空間でしたおやゆびサイン

自分だけのパソコンをゲットしたので、そのままプログラミングを続けましょう!

IMG_6899.JPG
早速IchigoJamを作った1年生の子がお母さんと一緒にプログラミングをしに来てくれました!!
こどものやる気を即行動に移してくださった親御さんに感謝です。

土曜日で不定期に通いたい方、平日で定期的に通いたい方
できるだけ、融通を効かせて無理なく学べる環境を用意しています。


友だち追加

LINEでお気軽にお問い合わせ可能です!
イベント情報も知れるので、ぜひフォローをお願いします。

ーーーーーーー
Hana道場【師範】
中村





posted by hanadojo at 20:02| Comment(0) | 日記

2021年03月21日

担任の先生の言葉と子どもの行動力に感動!神明小学校でプログラミングの授業支援に行ってきました。【IchigoJam】【プログラミング教育】

神明小学校で2クラス計58名にプログラミングの授業支援に行ってきました。
IMG_6680.JPG
1クラスあたり2コマ(45分×2)の総合学習の授業で、プログラミングやコンピュータの凄さ楽しさを伝えます。
ITの担い手育成事業について

IchigoJamにテレビ画面とキーボードを接続することで、一台のパソコンとして使えます。
IMG_6656.JPG
Hana道場認定サポーター左近さんがサポートしてくださいました。
一人一人の性格に合わせたきめ細かいサポートをしてくださいます^^

プログラミング講師育成講座

2人1組でキーボード操作など教え合いながら、コンピュータとの会話(=プログラミング)にチャレンジ!
IMG_6641.JPG
「LED1」と打ってエンターを押すと、IchigoJamに伝わってLEDを光らせてくれます。
じっとLEDを見つめる女の子。
IMG_6637.JPG

IMG_6631.JPG
キーボード操作もすぐに吸収して、自分たちでプログラムの改造を始める子供達。
自分で作り変える創造性と主体性がプログラミングでは光りますね!

IMG_6669.JPG

学校の先生もとても関心を寄せてくださって、コマンドの意味なども子供達と一緒に聞いてくれました^^
子供達も休み時間になっても、必死に改造したりコマンドの意味を聞きにきたり。
プログラミングの楽しさを伝えられたようで本当に嬉しいです。
IMG_6679.JPG
そして、授業終わりに先生から子供達に素敵なメッセージが贈られました。

「今後もずっとやり続けたいことに運命的に出会う時があります。今日が皆さんのその日になるかもしれません。そんなチャンスを逃さないためにも。今日の授業だけで満足せず、続けてみてください。」

こんな素敵な言葉を言ってくださる担任の先生に感謝です。

その言葉を聞いてか、早速この授業を受けてくれた子供達がHana道場にプログラミングしにやってきました。
IMG_6689.JPG

Hana道場の情報を必死にメモして、お母さんに頼み込んだそうです。
2時間半、ずっとプログラミングをしていました。

教育で人生が変わる可能性を実感する機会となりました。
楽しいという原体験を1人でも多くの方に贈れるようにこれからも頑張っていきます。

<3月30日にNHKで鯖江のプログラミング教育の様子が放送予定です>

Hana道場のプログラミングスクールについて

▼LINEでお気軽に問い合わせやイベント情報を取得できます▼
友だち追加


Hana道場【師範】
posted by hanadojo at 18:05| Comment(0) | 日記