2018年01月22日

バラバラにしてつくって遊ぼう!!ジャンクREメイクショップ <HARD・OFF×Hana道場×タケベ無線>

昨日1/21にHARD・OFF×Hana道場×タケベ無線による共同企画
「ジャンクREメイクショップ」を開催しました!

ふくの_発想×.jpg
講師はIchigoJam開発者でjig.jp代表の福野さん。
福野さん自身もHARDOFFコアユーザーのひとりで
安くジャンク品を購入しては分解してパーツを再利用したりしているそうです。

HAEDOFFさん説明.jpg
一見壊れているように見えても、修理したら使えるようになったり、分解してパーツとして再利用したりとジャンク品は実はお宝!!
ジャンク品とはなにか直接HARD・OFFの方に説明をうける子どもたち。

えらぶ!.jpg

バラバララインナップは、
懐かしのゲーム機からパソコン、デジカメ、ラジカセなど様々な電化製品を用意!!
はじまると同時に子供たちは一斉に、群がりました笑
みんなで地べた.jpg

お気に入りの機械を持ってきて、地べたに布を敷いてレッツ!バラバラ!

石川弟くせん.jpg

ネジが固くてあかない!
そんなときは
ハードオフ×Hana道場.jpg

HARD・OFFさん、Hana道場スタッフ総出でお助け!
お父さんもお子さんに混じって一緒にバラバラ。
大人も懐かしのゲームに興奮して、楽しんでいました笑

バラバラパーツ.jpg

以下子どもたちのつぶやき
「外は硬いのに中はかんたんに壊れるね!手抜き?」
「なんでネジを取るの左回りなの?めっちゃやりにくい!!」
「画面(デジカメ液晶)のうらって何枚も板が重なってるのか」

などなど。
確かに分解が目的だったら、外が硬いのは壊しにくいし、ネジが左回りなのもやりずらいよね笑
でも本来、製品は壊れちゃいけないのでそれでOK!!

S__19046429.jpg電脳メガネ.jpg


バラバラにしたパーツを再構築!
PSPでつくったロボットに、ゲーム機のボタンやLEDをつけて電脳メガネなど。

創造と分解は表裏一体!!
分解を通して仕組みを理解すれば、いつか自分の創造に活かされると思います。

集合写真.jpg
HARD・OFFさんタケベ無線さん、講師の福野さん
そして参加者のみなさん、ありがとうございました。
また次回もお楽しみに♪

Hana道場スタッフ☆しょーいち

ーーーーーーーーーーーーー

福井新聞さん、日刊県民福井さん、毎日新聞さんに
今回のワークショップの様子を記事にしていただきました。(1/22)
丹南ケーブルテレビさんでも放送されるようです。
取材して頂き、本当にありがとうございます!

福井新聞.jpg

(福井新聞)

日刊県民福井.jpg

(日刊県民福井)

毎日新聞.jpg

(毎日新聞)
posted by hanadojo at 12:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: