2021年02月07日

はじめてのIoT講座開催!

2020/2/7

こんにちは、Hana道場インターン生のしょうまです。

今日は小学生向けにIoT講座を開催しました。
最近はどの業界もIoT (Internet of Things)製品が増えてますね。
身の回りにも増えたIoT製品、子供たちにとっても身近な存在ですが理解するのは難しい…。

そこでHana道場では、IchigoJamをつかって分かりやすくIoT製品を体験しました。
IMG_5859.JPG

まずはIchigoJam同士をつなげることで、コミュニケーションを取ります。
CFE574AD-3140-4B71-9C7A-AE8B56001B5D.jpeg
IMG_0001.JPG

隣のお友達とIchigoJamを有線で繋ぎます。
すると入力した信号を相手に伝えることが可能に。
最近はゲームも無線で繋がるので、昔のゲームのように有線で接続する機会はなかなかないですね。


今回はWi-Fiを接続するために、MixJuiceを利用します。
IMG_0006.JPG

IchigoJamとMixJuiceを組み合わせて、Wi-Fiと接続します。
組み合わせはIchigoJamの上から挿し込むだけなので簡単。
IMG_0025.JPG

まずはIoTのI (Internet)
Hana道場のWi-Fiと接続して、LINEにメッセージを送るプログラミングを作ります。
子供たちはIchigoJamでプログラミングをするだけでLINEにメッセージを送れるよう準備しました。

ちなみに中学生は自分でサーバー側のコードを書いてました。素晴らしい…!

IMG_0138.JPG

普段は無意識に使用しているインターネット。子供たちも体験しながら学ぶことで少しずつ理解していきます。
IMG_0047.JPG
IMG_0080.JPG

LINEにメッセージを送るには、IchigoJamでも長いコードを打ち込むため、最初はあちこちでタイピングミスが…。
間違えたところを直しながら、無事全員がLINEにメッセージを送れました。
IMG_0090.JPG
IMG_0100.jpg


今回はIoT製品を作ることが最終目標。
次はIoTのT (Things)を、距離センサーを活用して学びます。
IMG_5891.JPG

黒い目が2つあるように見えるのが距離センサー。
距離を認識して、そのデータをIchigoJamに送信します。
IMG_0133.JPG

距離が何cm以下になるとLINEに通知が行く、という仕組みを作ります。
センサーの前に何か通ると通知が行くことから、防犯センサーとして活用できます。

ちなみに先日Hana道場の生徒が、距離センサーを使用したIoT製品アイデアをコンテストに応募して、特別賞もいただいています。
IMG_0164.JPG

距離センサーを手に入れた子供たち、これからセンサーを活用したIoT製品を生み出して欲しいですね。
お疲れ様でした。


Hanaインターン生
しょうま
posted by hanadojo at 18:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: