2018年12月08日

物と光と音を操ろう!第3回Spharoプログラミングセッション【SAP×Hana道場】

2018.12.8(土)
『第3回Spheroプログラミングセッション』in 鯖江
らじお下から.jpg

SAP×Hana道場によるSpheroを使ったプログラミングセッションも今回で3回目!
今回は20名の小学生が参加しました。
たけべさん.jpg説明前から.jpg
基本は2人1チーム(サポートでSAPの方が1名つきます)で、上級者と初心者にわけて開催!


こはくこばやし.jpg
普段Hana道場に通っている子やそのお友達、PCN武生の子どもたちも参加!
越前がにロボコンにも参加した上級者たちも。
らじ音こんび.jpg
最年少は小学1年生!
スピード調整、角度調整をしながらコース完走をめざします。
命令を順番通り並べるプログラミングの初歩です。

たいせいおおくぼプログラミング.jpg
上級者は、加速度センサーによるsphero制御に挑戦!
くまかえで.jpg
越前がにロボコンで光センサー制御を経験しているので、
センサーの仕組みやIF文の理解もはやい!
なげる.jpg
ボールを上になげて、自由落下。
その加速度によって、spheroを光らせたり音を鳴らしたり。

こうたくん発表.jpg
まずは上級者から発表開始!
プログラムをスライドに写して実践。
x軸、y軸、z軸にspheroを動かすと、それに合わせてドレミを奏でるそうです。すごい!
おおくぼたいせい.jpg
spheroを投げて、音を奏でるプログラム!
地面に置いて回転させるとプログラム終了。おしゃれ!
くまちゃん投げる.jpg
小学4年生も加速度センサーを操る!
越前がにロボコンを自力でやり抜いた成果を感じます。

武生っこ発表.jpg
sphero初挑戦のPCN武生っこも見事コース完走!
音や光のエフェクトがおしゃれです。
武生っこ2.jpg
1年生、2年生も見事完走。
ロボットが実際にプログラム通り動くのはわかりやすくていいですね^^
初心者にぴったりの教材です。

最終発表.jpg
大勢の参加者、スタッフの前でみんな緊張気味笑
それでもジャンプ台を超えたあとのブレーキも完璧!

集合写真.jpg
参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
SAPジャパンのみなさま、いつも貴重な体験をありがとうございます。

SAPボランティア.jpg
SAPジャパンボランティアスタッフのみなさん。
東京や大阪からこのイベントのために1鯖江入りしてくださっています。

SAP準備2.jpgSAP準備.jpg
イベント設営から運営まで。
本当にありがとうございました。

機会の感謝を忘れずに、成長しましょう!
ーーー
Hana道場【師範】
しょういち
posted by hanadojo at 18:30| Comment(0) | 日記

2018年12月03日

3ヶ月の準備と3分の勝負!ふりかえり&新たな挑戦へ【越前がにロボコン】

2018.12.2
『越前がにロボコン講座_振り返り回』
サムネイル1.png

何を感じ、何を得たか、ますは書き出します!
サムネ.jpg
8月〜11月本番までの期間で
<よかったこと(がんばれたこと)>
<わるかったこと(がんばれなかったこと)>
を各2分でひたすら出してもらいます。
みんなかきかき.jpg
良かったことより悪かったことがいっぱい書けると盛り上がる子供たち。
あきらめなかった自分を褒めてあげましょう!
ホワイトボード.jpg
一番良かったこと、悪かったことをそれぞれ発表!
はじめてのはんだづけ、ロボ作り。
よくやり抜きました!
大人もサポート.jpg
次に<いちばん後悔していること>をひとつ書いてもらいました。
その対処法も考える。
こはく対談.jpg
テーブルごとに対処法の意見交換。
課題は自分たちで解決してください!


そのあとはプログラム検討会!
本番の結果を踏まえて、改めてプログラムをノートに書いてもらいました。
準備期間はロボットメンテナンスでほとんど時間を取られたので、じっくりプログラムについて考えます。
小3も.jpg
頭の中でカニが動いています。
プログラムとロボット動作がイメージできています。
こうたくん前.jpgかえでちゃん前.jpg
先輩プログラマーたちがプログラム例を発表!
変数を使い、非常に短くスマートにまとまったプログラムに、みんな驚けませんでした。(すごすぎて)

たいじひろと.jpgたいせいこみ.jpg
刺激は大人が与えることはできません。こども同士ペアプログラミング!


ふりかえりが終わったら、みんなそれぞれゲームづくりやロボ作りへ!
PCNこどもプロコンへのモチベーション上昇!
contest2018-2.jpg
悔しさを次の創造へ!
こどもたちの挑戦を全力サポートいたします。
ーーー
Hana道場【師範】
しょういち
posted by hanadojo at 15:40| Comment(0) | 日記

2018年11月26日

長期間の準備と一瞬の勝負!はじめてのロボコン【第2回越前がにロボコン】

今年の8月から本番11月25日まで、Hana道場から14名が走りぬきました。
46520481_742425699443707_1445599297918730240_n.jpg
(夜に自主練にくる子供たち)

3か月以上、トライアンドエラーを繰り返して迎えた第2回越前がにロボコン
開会式.jpg


85名74チームの小学生が集まる大規模大会!
Hana道場は12人が初参加。はじめてのロボコンの空気にのまれていました。
親総出.jpgラストスパート.jpg
会場につくやいなや、半数以上のHana道場生たちがマシン不調に。
IchigoJamがショートしプログラムが消える子、スイッチが折れてはんだ付けし直す子。
モーターとボタンのはんだが剥がれて、かつIchigoJam不調で前進ができなくなった子。
親総出2.jpg
今からでも辞退したいと言われたことも。
「大丈夫、はんだが取れただけだから」と励ましながら、全力サポート。
準備不足、実力不足を実感しながら、いざ予選へ。
りんくん引き.jpg
85名の参加者ということは、それだけ観客(保護者さん)も大勢になります。
いつもはのびのびと試走させていますが、1発勝負の緊張感にのまれます。
りんくん.jpg
会場の明るさの変化か、センサーがいつも通り働かなくトラブル続出。
ひろと.jpg
トラブルが起きた時、マシンかプログラムのせいにしがちですが、原因は環境(照明)にありました。
失敗を繰り返し、経験値を積んでいる子ほど冷静にトラブルに対処できます。
失敗不足=準備不足=実力不足
くまちゃん.jpg小林くん.jpg
とりあえず、みんな走りぬきました!
悔しさと達成感が入り混じる表情。あきらめないことで可能性が生まれます。
かえでちゃん.jpg
お母さんがつくったカニさんワッペン!
親御さんの協力なしには、やり抜くことはできなかったでしょう。
家族で走りぬいた越前がにロボコン。
たいせい反省.jpgたいせい.jpg
自分で設計したロボットをHana道場のレーザーカッターで切り出し、開発した親子も。
おそらく完全オリジナルロボットで参加したのはこの子だけでしょう。
結果は伴わなかったですが、この創造力とチャレンジ精神は見習いたいものです。

たいじカニ.jpg
自宅でカニを食べて、載せる子も。
これは確かに越前がにロボットです。
かえでちゃんカニ.jpg
卵を運ぶためのペットボトル。アイテムを回収するための黒いアーム。
創意工夫が微笑ましいです。

結果発表.jpg
74チームによる予選が終わり、本選に進む上位16チームが発表。
結果は全員予選敗退でした。

Hana道場の方針として、基盤のはんだ付けからロボット組み立て、プログラム作成を参加者の自主性に任せました。
どんなに進みが遅くても、こちらから強制することはありません。
この結果は実力通り、こどもたちの等身大の結果だと思います。
予選後.jpg
予選が終わって、だれもいないコースでロボを走らせる子も。
練習通り完璧な走りをしたそうです。
不思議がっていましたが、それが勝負の世界です。


また会場入りして、ずっとリタイアを訴えていた子がなんと17位でした。(タイム差で本選出場ならず。。)
前進ができないので、後進のプログラムに急遽変更してぶっつけ本番。
欲張らず、行って帰ってくるだけにしたのが功を奏しました。
諦めたら可能性はゼロ。これもまた勝負の世界です。


予選優勝カニ.jpg
予選を1位突破したロボの写真です。
ほぼ全部のアイテムを回収して1位。Hana道場のさばえカニロボットです。
取り扱いは高難易度ですが、1位をとれるポテンシャルのある機体です。

優勝者.jpg
午後からの本選も見学しました。
照明の変化により、センサーの調整が必要な本選コース。
レース開始後も、センサーが働かないと分かれば中断してプログラム変更。
その1回の変更が見事成功し、勝利をおさめていく参加者たち。
これは実力以外のなにものでもありません。
駆け引きの奥深さもあり、素晴らしい大会になりました。

ーーー
さいごに

Hana道場参加者の皆さん、最後まで諦めずにやりぬきました!
何度も辞退したいと言われた子もいましたが、そこだけは止めました。
一度ついた諦め癖はなかなか治りません。

そしてHana道場は「教室」ではありません。
「道場」です。

「教えてもらう」場所ではありません。
「修行する」場所です。

立場上、先生と呼ばれていましたが、対等な立場だと考えています。

この道場スタイルは保護者の方のご理解とサポートなしでは、成り立ちません。
感謝申し上げます。
自主性と忍耐力そして創造力が身に付く、長期的な目線で考えて頂けると幸いです。

ーーー
嬉しいことに、大会後、自分でロボットを開発したいと言ってくれた子達がいました。
Hana道場はレーザーカッター、3Dプリンターの使用は未成年無料にしています。

試作品つくり放題、創造し放題、失敗し放題!
悔しさのエネルギーを創造力に!
全力サポートいたします^^
ーーー
Hana道場師範
しょういち



続きを読む
posted by hanadojo at 20:23| Comment(0) | 日記