2018年03月19日

ブローチづくりワークショップ*ものづくり女子道場*

どーも−。Hana道場イノベーション作家のおかもっちです。
3月19日にものづくり女子道場『漆器のかけらでオリジナルブローチづくりワークショップ』をHana道場で開催しました!
その内容をご紹介させて頂きます!!
IMG_8654.JPG
講師には漆器の産地、鯖江市に本社のある漆琳堂の内田さんと嶋田さん。
参加者には大野や敦賀から来られた方もいらっしゃいました。
IMG_8656.JPG
最初は漆器のお話があったり、初めて聞く内容で勉強になりました!
その後はさっそくブローチづくりのスタートです。
丸型や四角型の土台を選んでそこにかけらを貼り付けて行きます。
IMG_8657.JPG
漆器のかけらが色とりどり大小様々で、貼り付ける向きによっても、色んなバリエーションがあって、
鏡を見ながら自分のイメージにあったものを選んでいきます。
IMG_8660.JPG
悩みに悩んだ人や意外とあっさり決まった人もいましたが、全員が自分好みのブローチを完成させました。
IMG_8665.JPG
漆器の特徴でもある柔らかく温かみのある雰囲気がブローチを華やかにしてくれています!
講師の方が目を引くデザインを作った方もいらっしゃいましたし、参加者の中にはご自身でアクセサリー雑貨を作っている方もいて、いろんな情報交換が出来て非常に楽しいワークショップとなりました。
IMG_8663.JPG

ご参加頂いた皆様、講師の漆琳堂様、ありがとうございました!!

posted by hanadojo at 16:55| Comment(0) | 日記

2018年03月01日

プログラミングを始めて5ヶ月の感想<スタッフ日記>

Hanaスタッフしょーいちです。
昨年10月からプログラミングを始めて5ヶ月が経過しました!
(IchigoJamの接続とLED1は知っていました)

現在は、Ichigoタウンプロジェクトプログラミングスクール等で教えたり教わったり(笑)しています。
今回は5ヶ月経った感想を書いていこうと思います。


@大人の方が圧倒的有利
おとな.jpg


IchigoJamやプログラミングの話を大人にすると、
「子どもは飲み込みが早いからなあ」といった事を言われることが有ります。

ただ、子どもには色んな壁があります。
壁1)キーボードの位置やアルファベット、ローマ字が分からない
キーボードを打つ作業で疲れ果てる子も

壁2)かんたんな英語(IF文やWAIT、LOCATE、SAVE、LIST、、)が分からない
プログラムの想像がつかない。やりながら英単語を覚える必要あり

壁3)かんたんな数学(四則演算や座標)が分からない
現象についていけない

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの方が有利ですので
一緒にお子さんと勉強すると楽しいですよ!


Aコミュ力(コミュニケーション能力)が必要
コミュ力.jpg


プログラミングと聞くと「理系」「機械的」みたいなイメージがありましたが
やってみるとパソコンとの会話(コミュニケーション)でした。

普段の会話と違うのは、
○「ひと」ではなく「パソコン」
○「日本語」ではなく、「BASIC」という言語で話す
○「発声(口/耳)」ではなく、「入力(キーボード/画面)」

相手に伝わる言葉と順序を選ぶことは、コミュニケーションの基本ですね!

僕の場合、IchigoJamは「めっちゃ計算の早い赤ちゃん」と想定しています。
正しく伝えれば計算してくれますが、文字や伝える順番を少しでも間違えると「エラー!!」泣く赤ちゃん。
最初はよく泣かれました。。


Bあらゆる勉強がプログラミングの手段になる
しゅだん.jpg


一番言いたいのはBです。
例えば中学生くらいにX軸Y軸の座標を習います。
当時は「直線と直線の交点を求めて何になるんだ」って思ってました。

ただプログラミングなら
「自分のキャラクターの位置を知るため」
と目的は明確です。

Hana道場にくる高校生で、独学で微分・積分、ベクトルなどを勉強している子がいますが、
プログラミングで(遊ぶのに)必要な手段として数学を見ていて、羨ましいなと思いました。

英語、国語、数学、理科(電子回路)、音楽(電子音)
学校の勉強が楽しくなりますね!


おまけ(プログラミングに似ているもの)
レシピ.jpg


料理の「レシピ」、研究をまとめる「論文」に似ているなあと思います。

順番材料(コード)、分量(値)が正しければ、
同じ料理(ゲームやロボット制御)が誰でもつくれる。

論理的思考。
僕はとても苦手だったので、もっと早くIchigoJamに出会っていればなあ。。
と言ってても無駄なので、今やります。

おわり

posted by hanadojo at 19:30| Comment(0) | 日記

2018年02月25日

今さら聞けない?チラシづくりワークショップ*ものづくり女子道場*

2月19日は、ものづくり女子道場『チラシづくりワークショップ』を福井市sankakuさんで開催しました!
27972769_1772129066427015_4337645129569285157_n.jpg
講師は、あわら市で活躍中のwebデザイナー高木さん。
参加者のみなさんは、公民館や自分の会社でイベントを企画されている方が多く、
自分でチラシをつくりたい人が多く参加してくださいました。
S__19644418.jpg
15分ほど講師の方からチラシ例をみながら、5W2Hやレイアウトについて意識して行なっていることを伝授。
その後は自分のつくっているチラシを先生に添削を受けながら作成しはじめました。
27973577_1772129069760348_7017583208888840343_n.jpg

(チラシ作成未経験者も含めてスタート)



チラシ作成未経験者の方は、ワードで試作品をつくりました。
ワードは文章をつくるソフトですが、最新バージョンのワードは人物写真の背景のみをトリミングすることも可能です。
デザインのルールさえ押さえていれば、ワードでもチラシがつくれると先生。

27973752_1772129646426957_668614781120247440_n.jpg

(自分のチラシを進めている参加者)

もともと自分でつくっていたチラシ案(before)と、先生のレイアウト例に従ってつくった新しい案(after)を比較。
最初は全体的に画像も多く、焦点がブレがちだったものを、見せたい画像を1つに絞って上部に固定。
情報がまとまってスッキリした印象のチラシができあがりあした。

参加者のみなさん、ありがとうございました。
次回は3月19日(月)13:30ー@Hana道場
漆琳堂バナーrogo.jpg
鯖江市の漆琳堂さんとものづくり女子道場のコラボ企画です。
下記のリンクよりお申し込みください。


スタッフ星2︎しょーいち

posted by hanadojo at 14:06| Comment(0) | 日記