2020年02月18日

KDDIさんと出張Hana道場!小浜市でIchigojamプログラミング

磐梯町、会津若松に続き出張Hana道場。
今度は同じ福井県。2月10日、小浜市でIchigoJamプログラミング体験会を開催してきました。
KDDI×小浜市×Hana道場。

o0875062914712049444.jpg

まずは大人の方々に理解を深めていただくため、副市長さんや市議会議員さん、各地区の公民館の皆様、そして地域で活動されている方が参加。
福野さんが、鯖江の小学校の総合学習の時間に実際にやっている内容でIchigoJamプログラミング講座

o0883065114712049449.jpg
鯖江市内の小学校にメイン講師として指導に行ってくださっている徳橋さんも助っ人として来ていただき、サポートしてもらいました。
こちらは小浜市議さんに教えている様子の徳橋さんですね。


o0883065114712049450.jpg

はじめてプログラミングした方々ばかりでしたが、思っていたより簡単で、そして自分が打ち込んだものがすぐに反応してくれることに感動。楽しい!の声がちらほら。

o0804059714712168059.jpg
IchigoJamプログラミング体験の後は、私 竹部からHana道場の取り組みと、プログラミングをどうやっていくと良いのか。なぜ必要なのかをお話させていただきました。
自分で創れるようになると、様々な分野で活躍できます。そして地域の課題を自分たちで解決することができます。IoT化の事例の話にはとても興味を示されていて、やはり地域にはたくさんの課題があるんですよね。

o0879065714712049471.jpg

小浜は動きが早くて、この後すぐに公民館がIchigoJam購入くださり、早速やっていくそうですIchigoJam。素晴らしい。
公民館でやるのいいですよね。子ども達が放課後とかに自由にプログラミングができる環境があると、子どもの居場所作りとしてもいいですし、何よりスキルが遊びながらつく。
同じ福井県内。今後も連携してやっていけたらと思います。

宜しくお願いします。
竹部。








posted by hanadojo at 00:00| Comment(0) | プログラミング

2019年12月26日

出張Hana道場in会津若松。SAPさんとIchigoJamプログラミング体験会開催

雪がまだ降っていない鯖江ですが、Hana道場はとっても寒いのでこのまま雪が降らないことを祈る竹部です。

先日(12月21日)に、会津若松に行ってきました。IchigoJam開発者の福野さんと。
会津若松は、スマートシティ構想というのを掲げており、名だたるIT大手企業が会津若松にオフィスを構えています。Hana道場のスポンサーであるSAPさんも先月、オフィス「SAPイノベーションフィールド福島」を開設しました。

その会津若松で、SAPさん主催でIchigoJamプログラミング体験会を実施。たくさんの子ども達が参加してくれました。
会津13.jpg

東京からSAPの方々にサポートに駆けつけ、一緒に運営。
会津2.jpg
はじめてのプログラミングということで、低学年の子はキーボードを触るのも初めての子がいましたが、親御さんも一緒に参加してくださっていたので問題なく進んでいきます。子どもは適応能力がめちゃくちゃ早いので、一度教えた操作方法をすぐ覚えて一人でできるように。

会津7.jpg
PCN仙台の荒木さんも助っ人として来てくださったので、24名が参加してくれていましたが全員がゲーム「川下りゲーム」を作ることができました。

そして、一人で遊ぶだけじゃなくてみんなで勝負!
会津8.jpg
ゲームオーバーになったら座ります。勝った子には福野さんからLEDのプレゼント。

とっても楽しんでもらえたようで、「楽しかった人?」と聞いたら全員が手を挙げてくれました。
これは引き続き会津若松でIchigoJamプログラミングやらないとですね。
ということで、今回の体験会を今後につなげていくためのミーティングをSAPさん、KDDIさん、AiCTに入居している企業さん、会津大学、会津市役所、地域の方々とで作戦会議。
鯖江での取り組みも紹介させていただきました。

会津17.jpg

Hana道場モデル、いろんな地域に広がっていくと嬉しいです。

2019年、令和元年の出張Hana道場のラストは会津若松でした。
また来年も出張Hana道場していきますので、ご希望の方は是非ご連絡ください。


会津10.jpg
竹部でした。

posted by hanadojo at 13:30| Comment(0) | プログラミング

2019年07月17日

東京の某企業さんで社員研修!「IchigoJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ」

こんにちは。
竹部です。

鯖江は時々晴れ間があったりと日照不足とまではいきませんが、出張で東京に行く度に雨か曇り。
先月東京行った時は、折りたたみ傘が全く役に立たないぐらいの強い雨風に打たれ全身びしょ濡れになりました・・・。
その東京で、7月11日(木)に某企業さんの社員研修として「IchgioJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ」を開催してきました。
講師は、IchigoJam開発者 福野さん。

今回この研修をするのは2回目で、前回はこの会社さんの工場(地方)であったりで働く方々向けにやりました。
とても好評で、東京本社でもやってほしい!ということで今回東京でも開催することになりました。
IoTってなに?プログラミングってなに?を、社員さんに実際に体験してもらうことで知ってもらい、社内の業務改善であったりを自分達で作ってIoT化してもらいたい。と、ご依頼いただきました。

IMG_2613[1].JPG

前回も40名向け×2回で80名が参加。
今回も、40名×2回実施したので80名が参加してくださいました。希望者を募ったところ、人気ですぐに埋まってしまったそうです。社員さんの意識高い・・・。
まずは、プログラミングを体験。LEDを点けたり消したり。
子どもにも大人気の川下りゲームを解説付きで作ってもらったり。
川下りゲームで勝負してもらいましたが、上手な人はかなり長い間ゲームオーバーにならずに・・・。大人でも夢中になります。


IMG_2611[1].JPG


そして、IoT体験へ。
IchigoSodaを使って、さきほど作った川下りゲームの点数をリアルタイムで見れるようにします。
会場全員の点数が自分のスマホで見れて1位が誰で10位が誰か見れます。
とっても簡単なプログラムをちょっと加えるだけでIoT完成です。

IMG_2615[1].JPG


一番苦戦していたのは、モニターの字の小ささですね・・・。
みなさん、「なるほどー」という声が上がり、プログラミングとIoTの理解が深まったようです。

企画されたIT担当の方は、IchigoJamを使った業務改善の試作品まで作っていました。
「○○さんが机にいるかいないかがスマホで確認できたらいいよね」などなど、仕事していく中であったらいいな。を自分で作る!ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

考える。作ってみる。

考えることを放棄して「どこかの会社にやってもらう」となると、すごく大きな金額がかかってしまいます。
実は簡単に、しかも安い機材でできてしまう。

IoTのアイデアを形にすることができるIchigoJam。
企業研修や、ファミリーデイでの体験会など、出張Hana道場しておりますので是非お問い合わせください。

posted by hanadojo at 17:29| Comment(0) | プログラミング