2019年07月17日

東京の某企業さんで社員研修!「IchigoJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ」

こんにちは。
竹部です。

鯖江は時々晴れ間があったりと日照不足とまではいきませんが、出張で東京に行く度に雨か曇り。
先月東京行った時は、折りたたみ傘が全く役に立たないぐらいの強い雨風に打たれ全身びしょ濡れになりました・・・。
その東京で、7月11日(木)に某企業さんの社員研修として「IchgioJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ」を開催してきました。
講師は、IchigoJam開発者 福野さん。

今回この研修をするのは2回目で、前回はこの会社さんの工場(地方)であったりで働く方々向けにやりました。
とても好評で、東京本社でもやってほしい!ということで今回東京でも開催することになりました。
IoTってなに?プログラミングってなに?を、社員さんに実際に体験してもらうことで知ってもらい、社内の業務改善であったりを自分達で作ってIoT化してもらいたい。と、ご依頼いただきました。

IMG_2613[1].JPG

前回も40名向け×2回で80名が参加。
今回も、40名×2回実施したので80名が参加してくださいました。希望者を募ったところ、人気ですぐに埋まってしまったそうです。社員さんの意識高い・・・。
まずは、プログラミングを体験。LEDを点けたり消したり。
子どもにも大人気の川下りゲームを解説付きで作ってもらったり。
川下りゲームで勝負してもらいましたが、上手な人はかなり長い間ゲームオーバーにならずに・・・。大人でも夢中になります。


IMG_2611[1].JPG


そして、IoT体験へ。
IchigoSodaを使って、さきほど作った川下りゲームの点数をリアルタイムで見れるようにします。
会場全員の点数が自分のスマホで見れて1位が誰で10位が誰か見れます。
とっても簡単なプログラムをちょっと加えるだけでIoT完成です。

IMG_2615[1].JPG


一番苦戦していたのは、モニターの字の小ささですね・・・。
みなさん、「なるほどー」という声が上がり、プログラミングとIoTの理解が深まったようです。

企画されたIT担当の方は、IchigoJamを使った業務改善の試作品まで作っていました。
「○○さんが机にいるかいないかがスマホで確認できたらいいよね」などなど、仕事していく中であったらいいな。を自分で作る!ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

考える。作ってみる。

考えることを放棄して「どこかの会社にやってもらう」となると、すごく大きな金額がかかってしまいます。
実は簡単に、しかも安い機材でできてしまう。

IoTのアイデアを形にすることができるIchigoJam。
企業研修や、ファミリーデイでの体験会など、出張Hana道場しておりますので是非お問い合わせください。

posted by hanadojo at 17:29| Comment(0) | プログラミング

2019年05月30日

大人講座で学んだ方々が鯖江市内の小学校でメンターとして活躍中!

どーもー。Hana道場副館長のおかもっちです。

昨年度からIT人材の担い手育成として、鯖江市内の小中学校にプログラミングクラブのサポートに行っています。
↓昨年度の様子↓
55458277_2146683028741680_2971395994714898432_o.jpg32222287_971667656324843_6501975763338657792_o.jpg

今年度も同じようにクラブ活動のサポートに行きます!!しかし今年度は昨年度よりパワーアップしていますよー。
何が?といいますと。。。サポートする方々が増えましたー!
新たに6名の方が「Hana道場認定IchigoJamサポーター」として活動します。
こんな認定証を発行させて頂いています。
写真 2019-05-30 16 19 28.png

このサポーターの方々。実は1月から「大人向けプログラミング連続講座」を受講して3月のIchigoJam検定(10級・9級)に合格された方なんです。

↓その時のブログ記事↓
↓講座の様子↓
9E4BABAE8A5BFE3818BE38289.jpgE38195E38280E381AD-a805b.jpg

IT(プログラミング)を教える人材を地域で育成しようという目的でスタートした連続講座。
プログラミング初心者の方も多く、一人一人に合わせた流れで講座が進みました。

その志高いサポーターがこの4月から学校クラブへお邪魔して、子ども達のサポートを行っています。
といっても多くて月2回のクラブ活動です。大人たちは、子どもに負けじともっと学びたいと、継続的に講座に来ています。
10級・9級の検定を合格された方なので、次回の検定に向けて、7級か8級の合格を目指して勉強中です!!

地域の大人たちで、地域の子どもを育てる。従来あった日本の良き文化の流れを継承しつつ、ITという分野で世界に負けない子どもたちを育てていきます。そのサイクルが確立されているのが、ここ福井県鯖江市です。

メンター育成のその後をどうぞご期待下さい!!

館長の竹部が書いた記事です
posted by hanadojo at 16:23| Comment(0) | プログラミング

2018年08月09日

<夏休み企画>IchigoJamでセンサー・モーターを動かそう!

どうもー!久々に登場します、Hana道場副館長のおかもっちです。
今日は8月3日に開催したイベント<夏休み企画>IchigoJamでセンサー・モーターを動かそう!について報告です!

子ども達は夏休みということで、日中の時間を利用して、IchigoJamに触れて貰おう!とHana道場師範のしょーいち君と企画しました。対象はあまりIchigoJamに触れたことのない子供たち。先生にはIchigoJam開発者の福野さん!!!
今回は7人の子供たちが参加してくれましたよーきらきら

1.jpg2.jpg
最初はいつも通りのプログラミングとは??からスタート!IchigoJamの性能と家にあるパソコンとを比べたり、
IchigoJamでできることを確認しました。
そのあとは早速「はじめの一歩」
エルチカのプログラムから簡単なゲームで盛り上がり!!川下りゲームのプログラムを打ち込みました!
ここで今回のテーマにもあったモーターやセンサーをIchigoJamに取り付けます。3.jpg
そしてそのセンサーをコントローラーにして川下りゲームを遊びました。
光センサーをコントローラーにしたときは、光の強さによってキャラクターが右へ左へ。。。難しい。。。汗
角度センサーをコントローラーにしたときは、センサーを右に左に傾けるとキャラクターが右へ左へ。。。簡単。。。笑
いつものキーボードを使っての川下りゲームとはまた違った面白さがありましたね!
4.jpg
今回は少し時間が足りなくて、モーターの加工やミニハッカソンまでは行けませんでしたが
IchigoJamの大きな可能性に触れて貰うことはできました!!

ちなみに、センサーやモーターが搭載されたロボットを制御するイベントも開催します。
「越前がにロボコン講座(5回セット講座)」
第2回越前がにロボットコンテストに出場する参加者を対象にロボット組み立てや、プログラミング、フォローアップまで充実した内容の5回セット講座です。
申込サイト→http://ptix.at/MJUnqH
ご興味のある方はお問い合わせ下さい!!

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!!
Hana道場では各種イベントを開催しています。
詳細はHPをご覧ください。
posted by hanadojo at 12:28| プログラミング