2017年04月05日

グラレコ講座開催!!

はじめまして。4月からHana道場の副館長に就任しましたおかもっちです。
昨日開催しました「絵をつかって発想力アップ!こども向けグラフィックレコーディング講座」の様子をお伝えしていこうと思います!

まずグラフィックレコーディング(グラレコ)って何?って思いますよねー。実は僕も初めて聞きました。自分の思いを見える化すること。「聞く」「書く」「伝える」という作業を絵や図を使って行うことのようです。世界中で話題になっているとか。ワールドワイドな話題に遅れをとっていることに自分の力のなさを痛感しましたね。

今回の講師を務めて頂いたのは滋賀大学の学生さん田上有紗さんでした。田上さんは自身がグラレコ講座を聞いて興味がわいて、グラレコを知ってもらいたい!広めたい!と思い講師活動をしていると言っていました。

さて講座の様子ですが、セッション@はアイスブレイクです。
初めてのお友達と打ち解けるために、お友達の似顔絵を書きました。相手の特徴をよく観察して書きますが、難しかったのは利き手とは逆の手で書くことでした。それでもみんな一生懸命書いていました!
aa.jpg

続いてのセッションAはペンの持ち方&構造化レクチャーです。
ペン先が細いペンや太いペン、角張ったペンなど様々な太さのペンがありますが、角張ったペンの持ち方(ペン先の向き)によって、文字の線が太くなったり細くなったりします。それだけでデザイン性が生まれて、文字が綺麗に見えます。これだけでも見る人の心を引き寄せることができますね。構造化は文字だけではなく、吹き出しや顔文字を使ったり、大事な文字を囲ってみたり、色を変えてみたりすることで文章の見え方が違ってきますよね!学校のノートにも使える技でした!
IMG_1722.JPG

最後のセッションBは自分について連想するです。
自己紹介のつもりで自分について思いつく事を沢山書いていきます。それを同じ事柄を一つのグループにしていくことで自分自身がどんどん広がっていきます。マインドマップみたいですね。みんな好きなことや頑張りたいこと、習い事など沢山書けていました!
IMG_1754.JPG

文章だけで伝わりにくかったことが、絵や図を一緒に使うことで自分の思っていることを簡単に伝えることができるようになりました!

ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

Hana道場ホームページ
posted by hanadojo at 12:55| Comment(0) | ワークショップ

2017年04月03日

ものづくり女子道場第1弾!〜 sankakuでIchigoJam体験 〜

3月27日、福井市のコワーキングスペース“sankaku”さんとHana道場のコラボレーション連載企画「ものづくり女子道場」が実現しました。その記念すべき第1弾は

S__10190876.jpg
ものづくり教室.jpeg
(図1 講師の福野さん)


「IchigoJam体験会 〜パソコンとゲームをつくろう〜 in sankaku」(ドンッ)

2時間のワークショップの中で、はんだごてを使ってパソコンをつくり、そのパソコンでゲームをつくります。
そんなハードなこと2時間で出来るのかなといつも思っちゃいます(笑)

もちろん参加者は、はんだ付けやプログラミングの未経験の方ばかり。でもさすが福野さん。いつも子ども相手に教えてらっしゃるので、かわいい絵と簡単な言葉で説明してくれました。


S__10190871.jpg
(図2 はんだづけ開始)


“パソコンをつくる”と聞くと、とてもハードルの高そうだと思われそうですが「IchigoJam(イチゴジャム)」は、子どもを対象にして開発されています。全く知識も経験もない“子ども”を想定してつくられているので、誰でも・簡単に組み立てながら部品の役割を学んでいくことができます。


いちごじゃむ くみたてかた-01.jpg
(図3 IchigoJamくみたてかた 引用:http://ichigojam.net/docs.html


決められた部品と場所、はんだ付けする順番が書かれているので、グーグルマップで目的地に着くくらい簡単に達成できます。ただ、はんだごてで火傷する子どもは多いです。そこだけ注意すれば大丈夫!


ぱそこんかたかた.jpeg
(図4 一発で組み立て完了)


なんと参加者8人全員が一発で成功しました!(所要時間30〜40分ほど)
子どもの場合、はんだ付けが甘かったり、パーツの向きが逆だったりして、必ず誰かが失敗します笑
でも、さすが大人の女性。みなさんはんだ付けがとても丁寧だったので、すぐにプログラミングに移行できました。(運営側が助かります笑)


がめん
おしえあう.jpeg
(図5 互いに教え合う)


キーボードで打ちたい文字が打てるなら、簡単にゲームはつくれます。(子どもはキーボードのどこに自分の打ちたい文字があるのか分かりません。その点大人は有利)
最初は楽しいゲームをつくりながら、プログラミングに親しむ。そんな“遊び感覚”を福野さんは大事にしてくれます。





いのしし.jpg
(図6 IchigoJamでイノシシを捕獲するおじさま 記事:http://fukui.keizai.biz/headline/242/


ものとpcを組み合わせる「IoT(Internet of Things)」


ものを遠隔操作・自動化でき、ものづくりの可能性が広がります。単純作業の効率化からラジコンのような遠隔操作の遊びまで目的はさまざま。


ものづくり女子道場チラシ寿司2-01.jpg
(図7 圧倒的宣伝)


「ものづくり女子道場」で趣味の可能性も広げてきませんか?
次回の企画は お花のネックレスづくり講座 4月26日(水)@Hana道場

「ものづくり女子道場」のホームページ&申込みはこちら
https://lcommunity2012.wixsite.com/monogirl

福井で楽しいものづくりライフを!!
Hana道場すったふ しょーいち




〜 あとがき 〜

最近ぼくは3Dプリンターにはまってます。
先週はHana道場の建物と鳥居を3Dプリンターで印刷して、ミニチュアの世界で遊んでました。

はなりゅう.jpeg
(3DプリンターをつかったHana道場広告)

これは「SketchUp(スケッチアップ)」というフリーソフトで簡単につくれます。(恐竜くんはベトナムのお土産です笑)
需要があれば3Dプリンター & SketchUp講座を開くのもありかな?
ではでは!
posted by hanadojo at 09:59| Comment(0) | 日記

2017年04月02日

レノボ・ジャパンオフィスでこどもIoTハッカソン!

4月2日。東京秋葉原にあるレノボ・ジャパンオフィス。
とってもかっこいいビルに入っています。

今日はこちらで「こどもIoTハッカソン」を開催しました!
ヤフーLODGE、仙台、鯖江に続き4か所目です。

参加者、なんと33名!
こどもIoTハッカソン史上最多人数。
IMG_1856[1].JPG

人数が多いと当然大変です。
さらに、今回はさくらインターネットさんご提供の「さくらIoT」を使ってインターネットにもつなげてみました。モーターにセンサーにインターネット。
やれることは増えますが覚えることがいっぱい!

まずは、基本プログラムを打ち込んでプログラミングを知る。
IMG_1867[1].JPG

モーターやセンサーの動かし方も学んだら、お母さんお父さんに「イライラする」ことをインタビュー。そしてそのイライラを解決するモノを考え(アイデア出し)、早速作っていきます!
「いちごの先生!」と子ども達がわからないことを聞こうと叫びます。はい、福野さん大変。
でも、ここでレノボの社員さん(青いTシャツ着た人達)がサポートしてくださいました。
IMG_1871[1].JPG

作る時間が短くて満足なものできなかった子も多かったのですが、アイデアがさすがすごい。
IMG_1891[1].JPG

金魚に自動で餌をあげるもの。帰ると「おかえりなさい」と手を振ってくれるもの。いじめようとするとお母さんに通知がいくもの。時間になると音と同時に叩き起こすもの。隅に残ったゴミを回収するもの。帰ったことが携帯に通知されるもの。暗くなったら自動で洗濯物を取り込むもの。
さくらIoTを使って実際にお母さんの携帯に通知が飛びました!
1.jpg

子供達のアイデアは無限大。

時間がなくて完成できなかった・・・。プログラムが難しくてできなかった・・。という子達は、「IchigoJam買って家でやる!」ということで、とっても嬉しいです。
プログラミングにはまってくれたかなぁ。
いきなり難しいことに挑戦する状況でとっても大変だったと思いますが最後まで頑張ってくれました。
参加してくれた子ども達、ありがとうございました!
IMG_1920[1].JPG

そして、レノボ・ジャパンのみなさまありがとうございます!
一緒にできてとても嬉しかったです。

こどもIoTハッカソンをやりたい!という企業、団体さん大歓迎ですので是非お問い合わせくださいませ。
こどもIoTハッカソンHP


l.community.2012@gmail.com

難しくて子ども達に教えてあげれずサポートできず、ひたすら写真撮って発信していた竹部でした。

25min
posted by hanadojo at 23:37| Comment(0) | プログラミング